二日酔ひものかは花のあるあひだ

ふつかよい ものかわはなの あるあいだ

延宝年間 松尾芭蕉
花咲く間、二日酔いなぞ気にしていられようか。