雪や砂馬より落ちよ酒の酔

おりおりは すになるきくの さかなかな

貞享4年(1687年) 松尾芭蕉
酒に酔って馬上にある越人への気遣い。