草の戸や日暮れてくれし菊の酒

くさのとや ひぐれてくれし きくのさけ

元禄4年(1691年) 松尾芭蕉
重陽の節句に菊の酒が届き、陶淵明の故事を重ねている。