影待や菊の香のする豆腐串

かげまちや きくのかのする とうふぐし

元禄6年(1693年) 松尾芭蕉
日の出を拝む行事の中、味噌田楽を頂く中にも菊の香が。