折々は酢になる菊の肴かな

おりおりは すになるきくの さかなかな

元禄4年(1691年) 松尾芭蕉
菊の美しさを愛でながらも、食用にもされてしまうことへの憐み。