月花もなくて酒のむ独り哉

つきはなも なくてさけのむ ひとりかな

元禄2年(1689年) 松尾芭蕉
月花のない絵画の中にひとり酒を飲む孤独。