椹や花なき蝶の世捨酒

くわのみや はななきちょうの よすてざけ

天和3年(1683年) 松尾芭蕉
花がない季節、桑の実の汁をすする蝶の姿を、僧門に入る人の世と重ねてみている。