初春まづ酒に梅売る匂ひかな

しょしゅんまず さけにうめうる においかな

貞亨2年(1685年)松尾芭蕉
酒と梅の香がまじりあう春の気配。